CREST

Infrastructure for Digitalization and Sharing of Region Knowledge

JST CREST(戦略的創造研究推進事業)「基礎理論とシステム基盤技術の融合によるSociety 5.0のための基盤ソフトウェアの創出」領域

  • 研究課題名:地域を支える知のデジタライゼーションと共有基盤
  • 代表:情報科学研究科 教授 山口弘純(専門:情報通信・ センシング基盤技術)
  • 主たる共同研究者:人間科学研究科 教授 稲場圭信(専門: 防災・災害時協力と宗教)・情報科学研究科 助教 矢内直人( 専門:情報セキュリティ・プライバシ),他2機関
  • 期間:2021年10月~2027年3月(5年6か月)
  • 災害時避難支援AIなど、地域で開発される様々なAIを地域間でセキュアに共有し活用する情報基盤の実現

概要

本研究では、地域社会の知をデジタライゼーションし、セキュアに共有するためのS5基盤ソフトウェア「TASK/OS5」を設計開発する。個々の地域で得られるパーソナルデータを含むデータやAIモデルを安全に他地域で活用するための方法論を構成し、その安全性を形式的に示す。また、地域高齢者がシステムに参加しやすい機能の実現を図る。地域における災害対応および交通改善の実証実験を通じ、方法論の有効性を示す。

地域社会におけるデータと知の共有 ~3つの問~

① データと知の共有における「地域多様性問題」

  • 地形や人口・世帯分布などが多様であり、公共交通などの社会サービスも異なる地域間での「データ共有」「知の共有」は可能なのか

② データと知の共有における「プライバシ問題」

  • 「データ共有」と「プライバシ」は根本的に対立する概念
  • これからの「知」はAIに集約されていくはず「知の共有」と「プライバシ」については,猶更議論が進んでいない

③ 高齢者の参画

  • 地域のmajorityである高齢者の参画なくして地域サービスは成り立たない
  • スマートシティOS≒個人認証とパーソナライゼーションでもある.スマートフォンではない機器を介した個人認証やパーソナライゼーションはどうあるべきか

地域を支える知のデジタライゼーションと共有基盤

 

 

TASK/OS5 基盤の実現のため以下の要素技術 1~4 の開発を実施する。 

  1. 地域ニュートラルなデータおよび機械学習モデルの表現技術:地域データやそれを用いた機械学習モデルを地域ニュートラルな形で表現する特徴空間を設計する。
  2. 地域依存モデルから地域ニュートラルモデルへのセキュアな転移技術:特定地域で得られた地域依存モデルやデータを、地域ニュートラル特徴空間に転移・集約する技術を開発する。
  3. 地域ニュートラルモデルの学習技術:特徴空間を実現する仮想空間上でマルチエージェントシミュレーションを行い、十分な実空間モデルやデータが得られていない場合もそれを補完可能なデータ拡張技術を開発する。また、メタ学習モデルを採用し、様々な地域における学習済みの機械学習モデルを吸収・活用し、地域ニュートラルモデルを学習させる方法論を開発する。
  4. 地域ニュートラルモデルから地域依存モデルへの適応技術:得られた地域ニュートラルモデルを特定地域に応用する際に、最適なモデルを選択する技術を開発する。

 

主たる共同研究者

  • 新井 圭太 近畿大学 経済学部 准教授
  • 稲場 圭信 大阪大学 大学院人間科学研究科 教授
  • 矢内 直人 大阪大学 大学院情報科学研究科 准教授
  • 矢野 健太郎 讀賣テレビ放送(株) 編成局 チーフ・ エキスパート

 

プロジェクトページはこちら

その他の研究プロジェクト

Research Themes